日本の株・投資信託

【三菱商事8058】中期経営戦略2021と累進配当計画

三菱商事 トップ

軍資金を使って株を買うにも、何を最初に買おうかと悩んだのですが、自分の中で、とくにこれといった答えは出ず。

軍資金のすべてを一つの銘柄に投じるのではなく、一部だけにすることだけはマイルールにして、えいや!っと選びました。

三菱商事8058

選んだのは、三菱商事です。

長年にわたって、就職先人気ランキングに必ず食い込んでくるほど、学生たちには大人気の会社です。

三菱商事 就活人気ランキング

参照元:https://toyokeizai.net/

それだけ熾烈な競争を勝ち抜けるほど優秀な人たちが集まっているであろう、この会社。日本を代表する頭脳たちに自分の軍資金の一部を託したい。そんな思いです。

現在の株価指標

株価に関する指標を確認していきましょう。

株価トレンド

まず、これまでの三菱商事の株価トレンドは、こんな感じ。

三菱商事 株価トレンド

参照元:https://stocks.finance.yahoo.co.jp

2018年後半をピークに右肩下がりですが、今はそれが止まっている格好です。

ただ、これが安いのか高いのかは、これだけでは分かりませんね。

PERとPBR

PERは株価収益率のことで、言い換えると、1株あたりの収益率を表します。

一般的に「10倍」を切っていると割安と言われています。

2020年2月時点での三菱商事株は、8.53倍。

PBRは株価純資産倍率のことで、言い換えると、1株あたり純資産の何倍の価格で取引されているかを見ることができます。

一般的に「1倍」を切っていると割安と言われています。

2020年2月時点での三菱商事株は、0.78倍。

つまり、PERからもPBRからも、現在の株価は割安であると考えることができます。

ただ、これらPERやPBR、現時点のスナップショットだけを見ても、よく分かりませんね。過去からのトレンドや、他社と比較してみないと、その優位性がわからないような気がします。今後、勉強していきます。

配当

はい、実はボク、配当を狙っています。

株を買うときには、株価そのものが値上がりしていくことを期待しますが、それと合わせて、配当をもらうことも期待します。

この三菱商事株、将来の値上がりについてはよく分からないのですが、配当はもらえそうだなと思って購入しました。

こちらが直近の配当状況です。

三菱商事 配当金推移

参照元:https://www.mitsubishicorp.com/

グラフにすると、こんな感じ。

三菱商事 配当

2015年度から右肩上がりです。

2019年度は年間132円の支払い予定なので、現在の株価約2850円に対しては、約4.63%の利回りという計算になります。

なかなか良いのではないでしょうか。

中期経営戦略2021

そしてこの三菱商事、「中期経営戦略2021」というものを出しておりまして、今後ますます、配当を増やしていく計画なのだとか。

配当情報のページには、このようなコメントが。

“『中期経営戦略2018』において、株主還元は配当を基本とし、減配せずに利益成長に合わせて増配していく「累進配当」を方針として掲げました。

2019年度より開始された『中期経営戦略2021』においても、「累進配当」の方針を継続致します。”

ぜひ、これが実現されることを願い、500株を購入しました。

「累進配当」方針で、ボクが買った株の配当額が上がっていきますように。

よろしくお願いします。m(_ _)m