投資ノート

【初心者向け】株を買うと税金はいくらかかり、結局、手取りはどうなるか

helloquence-5fNmWej4tAA-unsplash

よく私たちが収入や所得の話をするときに、額面の数字にばかり気がとられます。

あの人は年収1000万円だとか、株価が30万円も値上がりしただとか、配当金が2万円稼げそうだとか。

でも、一番大事なのは、手取りでいくら自分の懐に入るか?、でしょう。

つまり、税金を支払った後の金額こそが、一番大事な指標になるべきです。

株に関する税金について (初心者向け)

本記事では、実際に株を買った際に、どのような税金がかかってくるか、ボクがこれまで学んだことを買いてみます。

税金は複雑で難しいですから、本当に基本的なところだけです。よって、初心者向けの内容として考えてください。

キャピタルゲインとインカムゲイン

まず当たり前のことですが、株を買った後、それを持っているだけでは税金はかかりません。

売却したり配当を得たりした時に利益(所得)が生まれ、それに対して税金が課されることとなります。

キャピタルゲイン

株を購入した時よりも株価が上がって、それを売却して得られる所得のことをキャピタルゲイン。キャピタルとは資本のことですので、資本である株の価値の上昇が確定すると、それがゲイン(所得)としてみなされる訳です。

反対に、株価がどれだけ上ろうと、それを売却してはじめて所得が確定されるので、売却しなければ所得も確定されませんから、キャピタルゲインとはなりません。

また、株価が購入時よりも下がったところで売却すると所得はありませんから、それもキャピタルゲインとはなりません。

インカムゲイン

配当や利息など、株の値動きに関係なく、それをもっているだけで入ってくるものをインカムゲイン。インカムとは収入のことですが、配当や利息などが、まさにこれにあたります。株を売却していなくても入ってきますので、それがゲイン(利益)としてみなされるのです。

一部の投資信託のように、配当金が支払われる時、それを自動的に再投資に回せば利益としてみなされずインカムゲインとはなりません。

ただ、一度でも配当金が確定して自分の口座に入金されれば、それはインカムゲインです。

税金のかかり方

次に、キャピタルゲインとインカムゲインそれぞれへの税金のかかり方をみていきましょう。

キャピタルゲインにかかる税金

株を売却した時のキャピタルゲインとは、以下の式で表されます。(私たちのほとんどに当てはまるであろう、上場株式に限定します。)

「総収入金額(譲渡価額)-必要経費(取得費+委託手数料等)=上場株式等に係る譲渡所得等の金額」

難しい言葉が並んでいますが、簡単にいうと、売却した時の金額から、購入した時の金額と、その時に発生した手数料など経費を差し引いた金額のことです。

そして、この金額に対して、以下の税金がかかります。

「20% (所得税15%、住民税5%) + 復興特別所得税 (所得税額の2.1%)」

これは、20.315%です。

よって、仮に10万円のキャピタルゲインが発生すると、税金はその20.315%ですから20,315円。そして残る手取りは79,685円。

79.685%が手取り率となります。

これをおおざっぱに80%と計算しても良いです。

インカムゲインにかかる税金

株の配当に関するインカムゲインは、以下の式で表されます。

「収入金額(源泉徴収税額を差し引く前の金額)-株式などを取得するための借入金の利子 = 配当所得の金額」

こちらは単純に言って、配当として受け取る金額そのものです。

そして税率はキャピタルゲイン同様に、

20.315% (所得税及び復興特別所得税15.315%、住民税5)です。

配当金として1万円が振り込まれると、そこから20.315%の2,031.5円が税金として課されます。

こちらも79.685%が手取り率となります。

購入銘柄を選ぶ時に計算すること

このように基本的にはキャピタルゲイン・インカムゲインともに、20.315%が課税されるわけですが、外国株式になると少し様子が異なります。

配当を楽しみに投資している人も多いでしょうから、インカムゲインである配当金にかかる税金をみてみましょう。

米国株式の場合

米国株式かつ米国企業である場合、現地で先に10%が源泉徴収されます。

さらに、残りの90%分に対して、20.315%がかかるので、自分の手取りとなるのは、90% x (1 – 20.315%)で、71.7165%となります。

つまりだいたい72%が手取り率ということですね。

日本株式の配当から得られる手取り率約80%より見劣りするようですが、米国株式の配当利回りは日本株式のそれよりも高い場合が多いですので、単純に悲観する必要がありません。

たとえば日本株式で配当利回りが3%の銘柄があったとします。すると手取り率はだいたい2.4%です。

これに対して米国株式の銘柄で配当利回りが3.5%であるとします。すると手取り率は約2.5%ですから、こちらの方が手取り率は良くなりますね。

米国株式でもADRの場合

ADR(American Depositary Receipt/米国預託証書)とは、「米国外の外国企業や外国政府、あるいは米企業の在外法人子会社などが発行する有価証券に対する所有権を示す証書」とのことですが、

簡単にいうと、米国で上場している外国企業銘柄のことです。

米国株式でも、米国企業の場合だと10%の源泉徴収がされるのですが、このADR銘柄ですと源泉徴収がなされません。よって、日本株式への配当課税と同じ20.315%のみがかかってきます。

つまり、米国で上場しているADR銘柄でかつ高い配当利回りは、その恩恵を受けやすく、配当狙いの投資家にとって嬉しい投資先になる可能性があるということです。

ADR銘柄には、イギリスのBPやHSBC、中国の中国東方航空や中国石油化工、そして日本のLINEなんかもありますよ。

まとめ

このように、購入対象銘柄をどこから買うか、どこの国の企業かで、税率は変わってきます。

ただ、ボクのような初心者は、以下のようにシンプルに考えれば十分でしょう。

配当金に対する手取り率

日本株式 ーー> 79.685% (約80%)

米国株式 ーー> 71.7165% (約72%)

米国株式 (ADR) ーー> 79.685% (約80%)

これを基準にいろんな銘柄をチェックしてみてください。

(参考) 詳しく知りたい人のためのリンク

キャピタルゲイン:国税庁のページ

インカムゲイン:国税庁のページ

外国株式の配当金への課税:SBI証券のページ

米国株式ADR銘柄への課税:SBI証券のページ