配当金

【不労所得】投資をはじめて4ヶ月目、3回目の配当入金 (2020年5月)

Photo by Greg Rakozy on Unsplash

ようやく重い腰を上げて株式投資をはじめたと思った瞬間にコロナショックに見舞われて、ポートフォリオが真っ赤っか。悲嘆に暮れながら春を過ごしていたのに、なぜか最近は株価が上がってきて、頭が混乱中のくまさんです。

株式市場って、なんとも不思議なところですね。

まあ、世の中の賢人たちの考えは学ばせてもらいますが、ボクは長期・分散・積み立てを続けていきます。

2020年5月の配当金実績

さて、ボクが投資をはじめて4ヶ月目となる2020年5月を締めての配当金実績が、こちら。

配当金をいただいたのは、以下の通り。

銘柄 ドル 円換算
MO 144.98 15,803
UVV 109.03 11,884
合計 254.01 27,687

(1USD=109JPY 換算、税引き後)

2銘柄からで、合計で日本円にして約2万8千円でした。

MOもUVVも、ともにタバコ銘柄です。コンスタントな着金、感謝です。

 

これによって、配当金実績推移チャートに3本目の柱を立てることができました。

ほんと、少しずつ少しずつ、一歩一歩ですね。

 

前月4月に続いて入金額は小さいですが、3本目の柱を立てられたことをうれしく感じています。

株って、どうしてもリスキーなイメージがあって、なかなか怖いですよね。

配当が入ってくる仕組みや、長期分散積立によってリスクをコントロールできることなど、頭では分かるものの、身体で覚えていかないと、いつ何時、狼狽売りの恐怖に苛まれるか、分かったものではありません。

たとえ今、自分の手元に1億円以上の元手があったとしても、それまでに金融資産で運用してきた経験がなければ、どうやって運用していけば良いか分からずに、途方に暮れてしまうでしょう。

気づけば変なものに使ってしまい、すっからかんになってしまうかもしれません。新築マンションを買ってしまうなど、血迷ったことをしてしまったり。

いずれにせよ、金融資産の運用とはスキルであり、何ヶ月、何年もかけて、少しずつ身についていくようなものだと感じています。じっくりと身につけていきたいと考えています。

配当金記録

 

そして来月6月については、3月と同じかそれ以上の金額が入金される見込みです。

これからは、3月、6月、9月、12月が、待ち遠しくなりそう!

楽しみです。

株式投資開始後3ヶ月が経過した時点での学び

先月は、自分の保有銘柄であるOXY、オクシデンタル・ペトロリウムの減配について書きました。その時は、30年以上に渡って減らしたことのなかった配当を、1株あたり79セントから11セントまで減らすということでした。

それがなんと、最近になって追加ニュースが入ってきまして、1セントになるとのこと!

なんじゃー!?配当を狙って買っていたのに。。。涙

 

ロイヤルダッチシェル [RDS]の減配も、HSBC銀行の配当停止も、モロにくらってしまっていますが、株式市場とは、こういうものなのでしょう。

このようなリスクを見込んだ上で、投資をしていくということ。

だから初心者のボクは、長期分散積立で自分を守るしかないのです。

とはいえ、どうしても気になってしまった、コカコーラ[KO]だけは、個別銘柄で買ってしまいました。それ以外は、SPYDとVYMを積み立てています。

それにしても、今から6月の配当金結果が楽しみです。

 

ボクのこれまでの学びを含め、「株式投資のはじめ方」について書きました。ざっと流して読むことができます。

thought-catalog-Xeo_7HSwYsA-unsplash
【株式投資のはじめ方1】なぜ株式投資をするのか?ボク自身が投資初心者でありますが、自分自身の学びの整理と、これから株式投資を始めようかと考えている方のために、「株式投資のはじめ方」ノー...