配当金

【不労所得】投資をはじめて5ヶ月目、4回目の配当入金 (2020年6月)

micheile-henderson-ZVprbBmT8QA-unsplash

2月に新型肺炎コロナウイルスの影響が顕在化してから早5ヶ月が経ちました。

ボクの投資活動を振り返ると、コロナショック直前に大量購入。そして、コロナ顕在化と共に暴落し、そしてコロナ鎮静化と共に回復してきている、という状況です。もちろん、まだ含み損を抱えたままの状態ですが、保有銘柄たちとは長いお付き合いをしていきます。

この5ヶ月間で、気分は株価と同じく、下がって、上がって、今は中途半端、といった感じ。それでも毎月こうして配当をもらえていると、少しずつ、その状態にも慣れてきました。なるほど、長期的な配当金の受け取りを目標としている限り、基準は保有資産の時価ではないということが分かってきました。もちろん、含み損はイヤなものですが、それでも配当金が入ってくるなら良いというもの。

いずれにせよ買い方は、長期・分散・積み立てを継続します。

2020年6月の配当金実績

さて、ボクが投資をはじめて5ヶ月目となる2020年6月を締めての配当金実績が、こちら。

配当金をいただいたのは、以下の通り。

銘柄 ドル or ドル換算 円 or 円換算
SPYD 519.40 56,615
VYM 339.35 36,989
XOM 106.14 11,569
KHC 106.45 11,603
RDSB 51.16 5,576
三菱商事 248.56 27,093
合計 1,371.06 149,446

(1USD=109JPY 換算、税引き後)

6銘柄からで、合計で日本円にして約14万9千円でした。

 

ちなみに、当初は個別株を買い集めていましたが、価格の上下変動の激しさにめまいがしたため、今のメインはSPYDやVYMといった高配当ETFにしています。

そのため、6月はまとまった金額をいただくことができました。

7月8月とまた金額が低迷し、それからまた9月に大きくいただける見込みです。

この先しばらく、3月/6月/9月/12月が配当金受け取りが大きくなる楽しみな月になります。

 

これによって、配当金実績推移チャートに4本目の柱を立てることができました。

配当金記録

 

今月6月は、配当金受け取り4回目にして、ほぼほぼ15万円。ちょっと出来過ぎで、今後の減配の可能性が怖いですね。

ただ素直に、嬉しいです。ありがとうございます。

 

これからもコツコツと積み立てていきます。

 

ボクのこれまでの学びを含め、「株式投資のはじめ方」について書きました。ざっと流して読むことができます。

thought-catalog-Xeo_7HSwYsA-unsplash
【株式投資のはじめ方1】なぜ株式投資をするのか?ボク自身が投資初心者でありますが、自分自身の学びの整理と、これから株式投資を始めようかと考えている方のために、「株式投資のはじめ方」ノー...